12.京都

2013年12月 5日 (木)

KYOTO TOWER

024

出張で半日だけ京都に行ってきました~。


休みの日はちょいちょい行く京都も仕事で行くと新鮮。


観光客も平日だからずいぶん少なくて、京都の日常が垣間見えました。


天気も良いし、仕事エスケープしたいって何度も思いました。笑


それにしても京都タワーってなぜだか毎回写真に撮ってしまいますね。


しかも毎回同じアングルで。


なぜだか好きです、京都タワー◎

| | コメント (0)

2013年11月30日 (土)

京都紅葉めぐりの旅(後編)

滋賀の相方の実家に一泊して、

京都をめぐった翌日は相方と二人で京都めぐり。


相方が清水寺行きたいっていうから、

まさかの二日連続で清水寺。


「でも、その前に酸欠で行けなかった東福寺行かせて」

ってことでまずは東福寺へ。

Img_9605


東福寺は清水寺ほど混んでないと思ってたけど、

まさかの混み具合で通天橋の上とかまったく前に進めないし、紅葉見れない。。。



整理係のおじさんも、

「押さないでね~。喧嘩したら楽しい思い出なくなっちゃうよ~。

写真は1枚でいいでしょ~。ここで撮っても通天橋は写らないよ~。

なぜならここは通天橋だから。分かるかな?」

っておもろいアナウンスを必死にやってました。笑


ようやく撮れた1枚。ふぅ~。

(紅葉見るのも戦争やで…)

Img_9623

通天橋を通り抜けて今度は下から通天橋。

Img_9635

うん、混み混みだね。よくあんなとこにいたね。


ゆっくり紅葉見れたら最高なんだけど、やっぱり人多いね。。。

Img_9648


東福寺でだいぶ疲れてしまったけど、気を取り直して清水寺へ。



「もう日曜の夕方だし、きっと人は少ないよね」

って読みも見事に外れて昨日以上の混み具合。。。


でもちょうど夕暮れの時間で空がとてもきれいでした!

Img_9654

Img_9656


清水寺の境内も紅葉を見るというよりは夕日を見てる人が多かったです。

本当に紅葉以上に美しい空でした。

Img_9660


Img_9663

二日連続だったけど、清水寺の違う顔が見れてよかったです◎


秋の京都は混雑するけど、やはり京都で見る紅葉は格別です。


来年の秋も京都で紅葉見れるといいな~。

| | コメント (0)

2013年11月29日 (金)

京都紅葉めぐりの旅(前編)

もうすっかり秋も深まってきました。(もはや冬かも…


こないだまで夏だったのに、もうすっかり寒くなりましたね。


紅葉もきれいなシーズンになってきたので、

こないだの土曜日、京都まで紅葉を見に行ってきましたよ。(ひとりで

Img_9535


この日の京都は見事に晴れ。


紅葉日和だぜ~とワクワクしながら京都に向かったのですが、

京都駅に着くと人、人、人!!!!


三連休でもGWでもないのに、

こんなに京都が人で溢れているなんて…。


紅葉シーズンの京都は激混みという基本を忘れてました。。。


バスも恐ろしいほどに長蛇の列ができてて。。。


とりあえず行き先はメジャーな清水寺。


バスは臨時便がたくさん出ていたので、思ってたよりも待たずに済みましたが、

道がすごく混んでてなかなかバスは進まないし、

五条坂でバスを降りてからも、清水寺へ行く人で道がごった返してました。


京都駅から距離はさほどないのに、

長い長い時間をかけてようやく清水寺到着です。

Img_9542

久しぶりの清水寺。


ちょうど3年前に秋の夜間拝観で紅葉を見に行ったのが最後でした。



夜のライトアップされた紅葉もかなり良かったのですが、

晴れた日に見る紅葉はもっといいね!!

Img_9547

Img_9568


Img_9571


Img_9584


やっぱり秋の京都は最高です◎


人は多いけど、それでも京都の紅葉は見る価値ありです!!


1時間ほど清水寺を散策してふたたびバス停へ。

Img_9592


清水寺の次は東福寺へ!!


ってことでバスに乗り込んだのですが、

バスが激混みで、か弱い僕は酸欠かなんかで気分が悪くなり、

東山七条で途中下車。。。ヘボいな俺。。。


バスを降りて外の空気を吸ったら一瞬で回復したのですが、

東福寺行きのバスを待つのが面倒になって、

なんとなく気分で近くの三十三間堂へ。


三十三間堂は割と空いてて酸欠状態の僕には良かったです。笑



千一体の仏像が並ぶ姿は圧巻でした!!



三十三間堂のあとはおとなしく京都駅まで戻って、

しばらく本屋で金融関係の本を物色してました。


それにしても最近「半沢直樹」人気に便乗した本多すぎ。笑



小一時間、本屋にいてそのあとは電車で滋賀へ。


この日はお義父さんの誕生日パーリーをすることになってたんです。


相方は前日の晩に先に滋賀の実家に帰っていたのでした。


義妹とその彼氏も来て、久しぶりにみんな揃っての食事に

お義父さんも楽しそうで本当に良かった◎


その日は滋賀に泊まって翌日は再び紅葉見るため京都へ。



つづく

| | コメント (0)

2013年8月31日 (土)

正直眠たい京都の旅

もう2週間も前の話。


一週間バタバタ忙しく働いて、ようやく迎えた華の金曜日。



相方は一泊二日で滋賀の実家へ帰っていたので、

「しめしめ、今日は自由に過ごせるぜ」ってことで、(←相方に怒られるわ。笑

ようやく『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』を観ました。


踊るファンを公言しているわりには、ほんとようやくって感じです(^-^;


“踊る THE MOVIE 3”は個人的にはイマイチでしたが、

今回の作品はとても面白くて満足でした◎

(すみれさんが倉庫にバスで突っ込むシーンは納得いかないけど…)


面白くって観終わったあとは興奮で眠れませんでした。笑


だからもう一回…と思って2度目を観終えるともうすっかり朝です。

Img_8273

徹夜なんて学生時代の期末試験直前以来だな~。笑


それでもそんなに眠たくないし、ここから眠るのももったいない感じがして、

そのまま京都へ行きました。

1_024

朝の6時半の京都はさすがに人通りもまばら。


駅の改札近くに外国人バックパッカーなどが何人も眠っていて、

朝の京都ってこんなんなんだ~と新鮮でした。


とりあえず朝マックして鴨川を散歩。

Img_8289

朝日に照らされた鴨川はとてもきれいでした。


四条大橋あたりから出町柳の賀茂大橋あたりまで、

1時間くらいかけて歩いて、出町柳から市バスに乗りました。


行き先は銀閣寺!


ここ数カ月ずっと銀閣寺に行きたかったんですよ。


金閣寺よりも断然銀閣寺派!


地味だけどそこがいいんですよね~。


8時半の開門と同時に境内に入りました。

Img_8305

銀閣寺は庭園が好きです。


でっかいプリンみたいな「向月台」と、斜めに走るストライプの「銀沙灘」。


こんな前衛的なデザインの庭は他にはないのではないでしょうか。


なぜこんな類を見ない作庭がなされたのか、

その理由は今も解明されていないそうです。



庭園をぐるぐる回って、ちょっと山も登ってみると、

見晴らしの良いところへ行き着きました。

Img_8317_2

境内全体が見渡せる絶景ポイントです◎


銀閣寺で1時間ほどまったり過ごし、そのあとは再び市バスに乗って北の方へ。


詩仙堂へ行こうと思ったのですが、

乗るバスをうっかり間違えてしまい見たことのない場所へ来てしまいました…!


でも、時間はたっぷりあるし、市バスの一日乗車券持ってたし、

見知らぬ土地での新たな発見もあるだろうし、それはそれで面白そうです…!


降りたのは一乗寺の高野という町。


下町っぽい雰囲気が漂う町でした。


バスを降りた場所からでも30分ほど歩けば詩仙堂へたどり着くことが分かり、

曼殊院道を東へ向けて歩いていると、偶然にも恵文社一乗寺店を発見!


相方がすごく面白い店と言っていたのを思い出し、

行ってみたい気持ちは山々でしたが、朝早すぎて開店前でした…。


また今度の楽しみということで。。。泣



それから歩くこと15分。

きついきつい坂道を登ってようやく詩仙堂に到着。

Img_8328

竹に囲まれた美しい石畳の道が印象的でした。

Img_8329

詩仙堂は江戸時代初期の文人・石山丈山の山荘で、

狩野探幽に描かせた中国の詩人36人の肖像を掲げた詩仙の間があり、

そこから名前が来ているそうです。

Img_8350


ここの庭園もきれいなのですが、

静かな空間に時折響く「ししおどし」の音がすばらしい!!


風流の極み…!!



思わず庭のししおどしを探しに行き、初めてInstagramで動画を撮影。

癒されるわ~ヽ(´▽`)/



詩仙堂は人もそれほど多くなく落ち着ける空間でした◎


紅葉がきれいなようなので、また秋にでも訪れたいです。



そのあと再び市バスに乗って京阪三条まで出て、

ブックオフに寄ったあと、まだ12時にもなってないけど、

さすがに疲労と眠気がピークに達しつつあったので、うちに帰ることに。


電車に揺られてうとうとしていると、相方からメールが来て、

義妹が3人で京都で晩御飯食べようと言ってるとのこと。


かわいい義理の妹の誘いを断るわけにはいかないよね(◎´∀`)ノ←



ってことで再び京都へ!!!!

(しかし、これから5時間どうやって時間つぶそう…)



とりあえず汗をかきすぎたので、さっぱりしたくて

昭和の雰囲気漂う京都タワー大浴場へ。


最近はシャワーだけで済ませることが多いので、

久々にゆっくりお湯に浸かれて本当に気持ち良かった!


風呂上りは昭和風(?)にコーヒー牛乳。笑


気付けば受付前のソファで爆睡してました。。。




それからなんとなく京都の果てにある国立京都国際会館行ってみたりして

時間を潰して、17時ごろ相方と義妹と合流。

多国籍料理が味わえるというeskapiさんへ行きました。

1_036

こじんまりとして良い雰囲気の店内。

1_037

今年5月にオープンしたばかりのお店です。


このお店ではオーナーさんが世界を旅する中で出会った

モロッコ、フランス、中国、タイのおいしい料理が味わえます。

1_038

1_044

どの料理も全然違うテイストで、

「こんなん初めて食べた!」って料理もあったけど、

どれもとてもおいしかったです◎

(ただ寝不足による体調不良で食が細いのであった…)



そんなわけで結局久々に40時間ほぼ寝ずに過ごし、

疲労と眠気は限界を超えてたけど、とても楽しい1日でした。


家に着いて即、死んだように寝たのは言うまでもありません。笑

| | コメント (0)

2013年7月21日 (日)

鏡絵馬と笑う狛犬

下鴨神社を満喫したあとは、すぐに南側にある河合神社へ。

Img_8210


ここ河合神社は女性の美への願いが叶う神社と言われています。


そのためお参りに来ているのは女性ばかりで男子が入っていいものか…(^-^;


河合神社には一風変わった鏡絵馬というものがあります。

Img_8213_2

絵馬に描かれた顔を鏡に映った自分の顔に見立てて、

美しい女性になれるよう願いを込めて、自分の化粧品やクレヨンで化粧をし、

裏面には願い事を書くそうです。

Img_8215

絵馬を見てたらなかなか面白い。

Img_8216


ただ顔のフォーマットが決まってるのがちょっと残念ですね~。


すごく個性的なものもあるけど、

フォーマットが決まっていると、同じ顔になってしまいますもんね。


しかし、いかに個性的に、かつクオリティ高く仕上げれるかが

プロの腕の見せどころ…


ってなわけで3人が鏡絵馬に挑戦です!!(タケウマさんは男子なのに参加。笑)

Img_8221

タケウマさんは手持ちの彫刻刀で元々印刷された顔を削り取るという荒業。笑



黙々と作業すること十数分。。。




完成したのがこちらだ。

Dscf3814


左からタケウマさん、相方、Kシマさんの作品。。。




約2名、もはや人間じゃねぇ\(^o^)/



タケウマさんは馬、相方は桜文鳥だそうです。。。



動物描いてるの我々だけでした。笑

Img_8236

河合神社を楽しんだあとは鴨川カフェで夕方までまったりして、

涼しくなってきたころに再び京の町へ。

Dscf3818

京都御所の南にあるタケウマさんオススメの下御霊神社へ行きました。

Img_8242

ここ下御霊神社は奈良・平安時代に政争に巻き込まれ無実の罪で

非業の死を遂げた人々の怨霊を御霊として祀っている神社です。


しかし、狛犬好きのタケウマさんはここの京都一の狛犬を見てほしいとのこと…!


狛犬好きに知らぬ者はいないほど有名な狛犬だそうです。



その問題の狛犬がこれだ。

Img_8238

笑っている狛犬。。。


なんか癒されるわ。笑

Img_8241


見れば見るほど味のある顔をしてます。




京都の狛犬って意外と形がある程度決まってて、

個性的な形・表情のものが少ないそうなんですが、

その中で異色のオーラを放っているのがこの狛犬だそうです。


狛犬の世界も深いようです。



着物の旅の締めくくりは丸太町東洋亭にて。

Img_8250


おいしいハンバーグをいただきました◎


気の置けない友達と楽しい一日を過ごせて本当に良い日でした。


またクロッキー部の納涼会でお会いできるのが楽しみです!!

(僕はクロッキー部員ではないけど、参加していいのかな…)


村田さん、タケウマさん、Kシマさんありがとうございました。

| | コメント (0)

2013年7月20日 (土)

下鴨神社御手洗祭

「浴衣を買ったら是非、瑞泉寺クロッキー部着物同好会へ」

とイラストレーターの村田さんからありがたいお誘いを受け、

クロッキー部員ではないですが、着物同好会へ入会させていただくことに…☆


そんなわけで浴衣を着て、下鴨神社で開催中の御手洗祭へ行ってきました。


参加者は村田さん、タケウマさん、Kシマさん、僕、相方の5人です。


僕以外のみなさんはイラストレーターやデザイナーをされています。

(僕の場違い感は否めない。笑)

Img_8179


タケウマさんは去年から着物同好会に入っているとのことですが、

訳あってアロハシャツでの参加です。笑

Img_8182

下鴨神社へは久しぶりに行きました。


学生時代、利用してた駅が下鴨神社のすぐそばの駅だったにもかかわらず、

結局、1、2回しか行かなかったもんな~。もったいない!


快晴でしたが、気温もそれほど高くはなく、

鴨川を越えて、糺ノ森を歩くのはとても気持ち良かったです◎


あ、そういえば糺ノ森に「君が代」でうたわれている「さざれ石」がありました。

Img_8208

「さざれ石」とは小さな石という意味で、

年とともに大きくなり岩に成長する神霊の宿る石だそうです。


27年間生きてきて初めて「さざれ石」の意味を知りました…!



下鴨神社の御手洗祭とは「足つけ神事」とも呼ばれる

土用の丑の日の前後4日間に行われるお祭りで、

御手洗池に足をひたし無病息災を祈ります。

Img_8199

この御手洗池に入るのに混んでる場合は1時間以上並ぶと聞いていたのですが、

休日にもかかわらず幸い空いており、わりとすんなり池に入ることができました。

007

感覚が麻痺しそうなくらいの冷たさですが、慣れるととても気持ち良い~(´∀`*)


村田さんは祭が開催されている4日間のうち、毎年2、3回は行くそうです。


これにハマるのすごく分かります。。。


これから毎年行きます!!!!



しかし、この御手洗池は深いところでは膝くらいまで水が来るので、

僕みたいに浴衣の裾を水でドボドボにしたら格好悪いので注意が必要ですよ。



御手洗池からあがったら御神水をぐいっといただきます。

Img_8200


ちなみに御手洗池の水面にあがる白い水泡を模した和菓子が、

御手洗池を発祥とする御手洗団子 ( みたらしだんご ) だそうですよ。



御手洗祭は本当に楽しいお祭りなので、

興味がある方は是非一度参加してみてくださいね◎

(今年は明日までみたいですよ~)

| | コメント (0)

2013年7月17日 (水)

嵐を呼ぶ夏の嵐山の旅!(後編)

嵐山の旅の後半は大河内山荘へ。


大正から昭和にかけて活躍した名優・大河内傳次郎が

30年以上の歳月をかけて築いた回遊式の庭園だそうです。

Img_7456

入場料が1000円とちょっと高めだけど、

ポストカードもらえるし、抹茶いただけるのでお得です。


大河内山荘に着いた頃にポツポツ雨が降り始めてきたので、

庭園をめぐる前に茶室でお茶をいただくことに。

Img_7459

冷たくて美味しいお茶に、

「ああ、生き返るわ」

…と思ったのもつかの間、

外はあっという間にバケツをひっくり返したような土砂降りに。。。

Img_7468


タイミングよく茶室に逃げ込めて本当によかった(^-^;


でも、これから嵐山を堪能して、

その後、あわよくば銀閣まで行こうと思ってたのに、

この調子じゃしばらく動けそうにありません。。。


しかも、雨はどんどんきつくなって、

雷もまさに真上で轟いている状態\(^o^)/


いやはやいやはや。


結局ここで小一時間くらい足止めをくって、

雨が止んだタイミングで庭園を巡りました。

Img_7473


いままで嵐山に何度も来ていながら、

なんでここに来なかったのかと思うほど良いとこでした!

Img_7479

2万㎡の敷地をぐるぐる歩き回るのですが、

なんか冒険してるみたいで楽しかったです。笑

Img_7484


そうそう、僕が2年前の日記に書いた大悲閣千光寺を見ることができました。笑

(左端に写ってるお寺ね)

Img_7485

そう、この看板で有名なお寺です。笑

Img_7403

結構な山奥にあったんだな~。


ちょうど大悲閣を見つけてノスタルジーに浸っている頃に、

再び雨が降り始めて、奇跡的に2、3分歩いたところにあった小屋で雨宿り。


ここでも30分くらい雨宿りして、

雨が止んだら急いで庭園を周りました。


庭園を出て再び竹林を歩いていると、また突然の土砂降りに。。。


折りたたみ傘がまったく役に立たず、

全身ずぶ濡れ、一眼レフ故障。笑


唯一ラッキーだったことは四葉のクローバーの八坂タクシーを見れたことです。

Img_7495_2


1400台のうち4台しか走ってないんだぜ~。


あまりにも雨が強いので、これ以上の観光を諦めて駅へ向かうことに。


人力車のお兄さんもめっちゃ大変そう。。。

Img_7496

嵐山は大洪水でした。。。

Img_7500

そしてなぜだか水浸しになると泡を吹く僕のCAMPERの靴。

041_2

洗剤を靴に仕込んでいたわけではありません。笑


なぜか水に濡れると泡を吹くんですよ、この靴。


だから雨が降る日は絶対に履かないようにしてたんですが、

まさかこんな大雨に見舞われるとは。。。


いままでで一番泡吹いてましたよ。笑



なんとか駅に着いたものの、

なんと落雷で信号が故障したらしく、電車が動いてないっていうね\(^o^)/


もはや散々な旅すぎて楽しくなってきましたヽ(´▽`)/←


最悪、阪急か嵐電で四条まで出ようかと思ったけど、

幸い数十分待つと電車は動き出しました。


よかったよかった。


なんとか木屋町までやってきて、ちょっと早めの晩御飯。


納涼床を予約してたけど雨のため納涼床で食事はできず。。。


でも、久々においしいお酒を飲むことができました◎

051


hirokくんは司法試験に合格し、今は裁判官を目指してるんですが、

やはり志が高い友達と飲むとすごく刺激を受けます!


僕も仕事頑張る!!


木屋町で飲んだあとは鱧を食べに先斗町へ。

Img_7511

先斗町でも飲んで飲んで飲みまくって本当に楽しかったです。笑


いろいろあった一日だったけど、本当に良い一日でした◎


hirokくんありがとう!!

| | コメント (0)

2013年7月15日 (月)

嵐を呼ぶ夏の嵐山の旅!(前編)

三連休初日は大阪に帰省中のhirokくんと嵐山へ。


学生時代、多いときにはひと月に何度も訪れていた嵐山ですが、

最近はめっきり行かなくなってしまい、なんと2年ぶりです。

Img_7410

京都の中心街とは全然違った雰囲気の嵐山。


大自然に囲まれていてすごく落ち着きます。


やっぱ嵐山いいわ~。


日頃の溜まりに溜まったストレスも吹っ飛びます。笑


昼ごはんを食べて、まずはお決まりの天龍寺へ向かっていたのですが、

京福電鉄嵐山駅に足湯があるということで行ってみることに。


まったくある気配がなかったのですが、なんとホームにありました。


150円です。

Img_7423

足湯というのは初めてでして、興味深々だったのですが、

いざ浸かってみると、あつい。。。あつすぎる。。。


ただでさえ暑い真夏の京都。。。


旅のスタートから汗だくになっていたにもかかわらず、

足湯に浸かるというのは自殺行為でした\(^o^)/


汗がさらに吹き出したよ。。。



でも、しばらくするとあつさにも慣れ、とても気持ちよくなりましたup


ほどよく疲れもとれたしね。


結果的に行っておいて良かったですヽ(´▽`)/



足湯のあとは天龍寺へ。

Img_7427


まずは雲龍寺を見て、その後は曹源池庭園へ。

Img_7432


京都の中でも特に好きな庭園です。

Img_7446

学生時代、一人でベンチに腰掛けて、

ずっとこの庭園眺め続けてたこともあったな。。。笑


今思えば、ストレスなんかあったのか?と思う学生生活でしたが、

その当時は色々と思い悩むことがたくさんあったのでしょうな~。


庭園のあとは竹林を散歩。

Img_7452

はぁ~やっぱ癒されますね~。


頭の中では谷村新司の『三都物語』がずっと流れてました。笑


胸いっぱいに嵐山の空気を吸って、

京の風情を満喫していたのですが、

突然、遠くのほうから「ゴロロロロォォォォ」と雷の音が聞こえたような。。。



後編へつづく。

| | コメント (0)

2013年7月14日 (日)

京都の夏の風物詩

今年も祇園祭の季節がやってきました。

025_2

毎年、7月あたりになると急に京都が祇園祭で盛り上がり始めるのを見て、

もう祇園祭の季節か~、1年って早いな~って思います。


今日はいよいよ宵山ですね。


例年の僕なら一人でも宵山に参戦するのですが、

去年と一昨年、わりとがっつり祇園祭を楽しんだためか、

今年は祇園祭に対するモチベーションが低いです…。


先日、四条通を歩いてたら偶然見つけた長刀鉾を見ただけで、

なんか祇園祭欲が満たされてしまった(>_<)


だめだめやな~。


…と言いつつ、昨日伊勢丹で浴衣を買いました。

024


祇園祭宵山に行く予定はないけど、

今年の夏、1回でも多く浴衣を着れたらたないいな~って思ってます。


僕を祭に連れてって!笑

| | コメント (0)

2013年7月13日 (土)

母校がえらいことになってる件

母校のキャンパス整備事業が一段落し、

なんかすごいことになってるという噂を聞きつけ、

近くまで来たついでに母校に寄ってきました…!



え~先に言っておくと、この日記は同志社関係者以外は

まったく面白くない内容となっておりますので、あしからず。



まず地下鉄今出川駅の改札を抜けると、大学の入口でした。笑

Img_7382

ここを抜けて地上に出ると、なにやらいい感じの場所が。

Img_7384

なんか大学内におしゃれなカフェやらレストランができてるし、

何より驚いたのが生協書籍部の広さ!


以前の何倍もの広さで、並の本屋さん以上です!


うらやましい…うらやましすぎるぜ、今の同志社大生(;д;)

Img_7396_2

でも、古くてこぢんまりしたキャンパスが好きだったのに、

なんか広くきれいになりすぎてて、残念というわけでもないんだけど、

ちょっと寂しい感じもしたり。。。


悪くないんだけど、まだ古いものと新しいものがうまく馴染んでないというか、

まぁ、きっと見慣れてないからそう思うだけなんだろうけど。。。



やから古い建築群見るとやたらと落ち着く。笑

Img_7394

Img_7387

Img_7393

Img_7392

うん、僕が学生生活を送ったキャンパスだ。笑


キャンパスの外も変わらぬ風景。

Img_7400


お世話になった講義ノート屋さんもまだやってるようで安心しました。笑

| | コメント (0)

より以前の記事一覧