« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

京都紅葉めぐりの旅(後編)

滋賀の相方の実家に一泊して、

京都をめぐった翌日は相方と二人で京都めぐり。


相方が清水寺行きたいっていうから、

まさかの二日連続で清水寺。


「でも、その前に酸欠で行けなかった東福寺行かせて」

ってことでまずは東福寺へ。

Img_9605


東福寺は清水寺ほど混んでないと思ってたけど、

まさかの混み具合で通天橋の上とかまったく前に進めないし、紅葉見れない。。。



整理係のおじさんも、

「押さないでね~。喧嘩したら楽しい思い出なくなっちゃうよ~。

写真は1枚でいいでしょ~。ここで撮っても通天橋は写らないよ~。

なぜならここは通天橋だから。分かるかな?」

っておもろいアナウンスを必死にやってました。笑


ようやく撮れた1枚。ふぅ~。

(紅葉見るのも戦争やで…)

Img_9623

通天橋を通り抜けて今度は下から通天橋。

Img_9635

うん、混み混みだね。よくあんなとこにいたね。


ゆっくり紅葉見れたら最高なんだけど、やっぱり人多いね。。。

Img_9648


東福寺でだいぶ疲れてしまったけど、気を取り直して清水寺へ。



「もう日曜の夕方だし、きっと人は少ないよね」

って読みも見事に外れて昨日以上の混み具合。。。


でもちょうど夕暮れの時間で空がとてもきれいでした!

Img_9654

Img_9656


清水寺の境内も紅葉を見るというよりは夕日を見てる人が多かったです。

本当に紅葉以上に美しい空でした。

Img_9660


Img_9663

二日連続だったけど、清水寺の違う顔が見れてよかったです◎


秋の京都は混雑するけど、やはり京都で見る紅葉は格別です。


来年の秋も京都で紅葉見れるといいな~。

| | コメント (0)

2013年11月29日 (金)

京都紅葉めぐりの旅(前編)

もうすっかり秋も深まってきました。(もはや冬かも…


こないだまで夏だったのに、もうすっかり寒くなりましたね。


紅葉もきれいなシーズンになってきたので、

こないだの土曜日、京都まで紅葉を見に行ってきましたよ。(ひとりで

Img_9535


この日の京都は見事に晴れ。


紅葉日和だぜ~とワクワクしながら京都に向かったのですが、

京都駅に着くと人、人、人!!!!


三連休でもGWでもないのに、

こんなに京都が人で溢れているなんて…。


紅葉シーズンの京都は激混みという基本を忘れてました。。。


バスも恐ろしいほどに長蛇の列ができてて。。。


とりあえず行き先はメジャーな清水寺。


バスは臨時便がたくさん出ていたので、思ってたよりも待たずに済みましたが、

道がすごく混んでてなかなかバスは進まないし、

五条坂でバスを降りてからも、清水寺へ行く人で道がごった返してました。


京都駅から距離はさほどないのに、

長い長い時間をかけてようやく清水寺到着です。

Img_9542

久しぶりの清水寺。


ちょうど3年前に秋の夜間拝観で紅葉を見に行ったのが最後でした。



夜のライトアップされた紅葉もかなり良かったのですが、

晴れた日に見る紅葉はもっといいね!!

Img_9547

Img_9568


Img_9571


Img_9584


やっぱり秋の京都は最高です◎


人は多いけど、それでも京都の紅葉は見る価値ありです!!


1時間ほど清水寺を散策してふたたびバス停へ。

Img_9592


清水寺の次は東福寺へ!!


ってことでバスに乗り込んだのですが、

バスが激混みで、か弱い僕は酸欠かなんかで気分が悪くなり、

東山七条で途中下車。。。ヘボいな俺。。。


バスを降りて外の空気を吸ったら一瞬で回復したのですが、

東福寺行きのバスを待つのが面倒になって、

なんとなく気分で近くの三十三間堂へ。


三十三間堂は割と空いてて酸欠状態の僕には良かったです。笑



千一体の仏像が並ぶ姿は圧巻でした!!



三十三間堂のあとはおとなしく京都駅まで戻って、

しばらく本屋で金融関係の本を物色してました。


それにしても最近「半沢直樹」人気に便乗した本多すぎ。笑



小一時間、本屋にいてそのあとは電車で滋賀へ。


この日はお義父さんの誕生日パーリーをすることになってたんです。


相方は前日の晩に先に滋賀の実家に帰っていたのでした。


義妹とその彼氏も来て、久しぶりにみんな揃っての食事に

お義父さんも楽しそうで本当に良かった◎


その日は滋賀に泊まって翌日は再び紅葉見るため京都へ。



つづく

| | コメント (0)

2013年11月25日 (月)

クッションカバー

ずっとクッションほしいほしい思いながら、

なかなか気に入るクッションカバーが売ってないから、

うちには2年間クッションがなかったのですが、ようやく見つけました!

Img_9690


IDEEのクッションカバーです。


ターコイズブルーが好きなんですが、

色合いが気に入り久々に即決しました。


ソファもIDEEのものなので、自然と馴染みます。


相方はいい布を見つけたとのことで、

僕が買ったクッションカバーを元に自分で作りました。

Img_9693


クッションがあったらやはり快適で、

ソファでの寝心地が格段によくなりました。笑


ああ、またソファで寝るなって相方に怒られるわ。。。

Apn131119

| | コメント (0)

2013年11月22日 (金)

モルディブ旅行記(5)~ビヤドゥ3日目(前編)~

10月16日。


この日も朝の6時前に起床。

Img_9101


朝ごはんの時間まで海を眺めたりしながら過ごし、

いつも通りレストランがオープンする7時半にレストランへ。



いよいよ待ちに待った朝ごはん!!!!


朝からがっつり食べますよ。

Img_9105

オムレツうまー!フレンチトーストうまー!

朝ごはん食べ終わったら、海へゴーゴゴー!!

Img_9108

あ、なんかこのモルディブ旅行記、毎日毎日、

起床→朝ごはん→海→昼寝→昼飯→海→昼寝→晩ごはん→就寝

みたいな流れですみません。笑


実際、食べるか、寝るか、泳ぐかしかしてないので。。。


この日の日記も例に漏れず、この流れでいきますので、

どうぞよろしくお願いいたします。笑



さ、今日もウミガメ探してお魚天国へ。

P1000368

P1000336

お魚天国やっぱすげぇわ。。。と思う反面、

若干、魚がうじゃうじゃいる環境に慣れてしまいつつある自分もいて。。。


途中からひたすらウミガメ探しに躍起になってました。


しかし、パッセージ3からパッセージ5まで泳いでも見つからず。。。



ビヤドゥの海には7ヶ所だけ珊瑚がなくてドロップオフまで海の道のように

なってるところがあって、それをパッセージというんです。

Img_9300_2

僕らがいつも泳いでいたのはパッセージ3、4のあたり。


このエリアは魚の種類も数も豊富で超楽しい!!


一方でパッセージ1、2あたりは流れがきついデンジャラスゾーンで、

魚もいなければ、人もほとんどいないエリアです。


だからビビって最初はパッセージ1、2は避けてたんですが、

海にもちょっと慣れてきたし、泳ぎには自身あるし、(←一番あかんパターン)

相方の制止を振り切りウミガメを求めて、このエリアを攻めてみることに。

Img_9131


相方を残して一人でこのエリアに行ってみたんですが、

海には人っ子一人いないし、流れが速いせいか海は濁ってるし、

魚もほとんどいないし、空は曇ってるしで、超サビシイ…。


嗚呼、このまま海流にのまれたら誰にも気付かれるまま、

海の藻屑になってしまうんだな。。。と思ったら涙が出そうでした。笑


でも、ウミガメを見たい一心で海を泳いでたら、

なにやら遠くのほうで大きな影が…!!


ウミガメではないのはすぐにわかったのですが、

とにかく大きかったので、全力で泳いで近づいてみると。。。






な、な、な、なんと!!!!









その影の正体は…!!!!









Jaws_i04


なんとサメでした!!!!



ヒィィィィィーーーーッ!!!!



ジョーズほどデカくて凶暴な顔はしてませんでしたが、

体長は2~3メートルくらい。



ビビるには十分なデカさ。



しかもサメって視力は低いけど嗅覚が発達しており、

数キロ先に落ちた一滴の血液のにおいを嗅ぎつけて

やってくるっていうのを聞いたことがあったので、

もう死ぬほど怖かったです。

(泳いでるときに珊瑚で擦り傷たくさんつくってたし…)



ブロガーとしてサメの写真を一枚でも撮ってやるかとも一瞬思ったけど、

そんな考えは一瞬で捨てて即行で逃げました。笑



いやぁ、しかし怖かった。。。



しばらく胸のドキドキが収まらなかったよ。。。



でも、あとから聞いた話によると、

サメの中でも人間を襲う種類のサメはそんなにおらず、

またモルディブの海は魚が豊富にいるから

わざわざ人間が食べようとするサメはいないとのこと。



ま、思わぬ大物が見れてよかったけど、

しばらくビーチでぐったりしてました。

P1000376_2

平和な後編へつづく。。。

| | コメント (0)

2013年11月17日 (日)

モルディブ旅行記(4)~ビヤドゥ2日目編~

10月15日。


この日も天気はくもり、時々猛烈なスコール。

Img_8998

オカムラさんも、

「今日ノ~天気、雨ネ。ノットグッドネ」と悲しげ。


う~ん、雨季のモルディブの天気がこんなに悪いとは。。。


1日に2、3回、数十分のスコールがあるってのは聞いてたけど、

昨日の朝を除いてずっと天気悪いぞ。。。


ま、天気ばかりはどうしようもないので、

気を取り直して今日も楽しくのんびり過ごしますか。


朝ごはんをたらふく食べたあとは腹ごなしに島を散歩。

Img_9017

Img_8980

Img_9006

ちょうど島を半周したところになぜかサッカーコートがあるのですが、

ボールが転がっていたので一人で腹ごなしにサッカーしてました。笑


ただ前日に足の太ももに日焼け止めを塗るのを忘れてたせいで、

真っ赤に日焼けしててリフティングするたびに激痛が。。。


でも割とサッカー好きだから久々にボールと戯れたいというジレンマ。笑


10分ほどボールと戯れてたのですが、

太ももの感覚が麻痺してきたので、さすがにまずいと思いやめました。


日焼け止め大事ね。


ちなみにスネの方もうまく塗れてなくて、部分的に焼けてしまい、

現在、足が白と黒のまだら模様になってます。笑


日焼け止めの効果って絶大だな~と身をもって知りました。



散歩を終えて、部屋で片付けやらしたあとは今日も元気に海へゴーゴゴー!

Img_9032

モルディブ滞在中の目標はウミガメとマンタに遭うことです。


毎日ウミガメに遭遇している人もいるらしく、

ウミガメはそんなに珍しくないようす。(僕はまだ影すら見てなかったけど)

P1000298

ウミガメはなかなかいないけど変な顔の魚発見!

P1000279


あとすごい魚の群れにも遭遇。

P1000293_2

サンゴも生き生きしてていいね。

P1000322

1時間ほど泳ぐとちょっと疲れたのでビーチで休むことに。

(この間も相方は海で泳ぎ続けていた。元気だ。)


しかし、曇り&風が強いせいでビーチにいたら結構寒い。。。


さらにスコールに打たれたりしたら、鳥肌が立ちます((((;゚Д゚))))


常夏の国で年間を通して気温は30度前後なのですが、

まさかこの国で鳥肌が立つほど寒い思いをするとは。。。


10月中旬の日本のほうが断然暑かったです;;


相方も海から上がってきたら寒い寒い言ってたので、部屋に戻ることに。


宿泊棟まで震えながら戻ってきて部屋のドアを開ければ、

追い打ちをかけるように部屋から冷気が。。。


部屋の掃除をしてくれた人が気をきかせて

部屋をキンキンに冷やしてくれてたようです\(^o^)/泣


たぶん外国人と日本人の体感温度の違いなんでしょうね~。


宿泊客の9割はヨーロッパ人なのですが、

日本人ってヨーロッパ人よりもどう考えても寒がりですもんね。


11月になっても半袖で日本観光してるヨーロッパ人とかよく見ます。



とにかく部屋の冷気を逃がすべく、窓を全開にして、

エアコンの温度をマックス(30度)に上げました。笑



そしたら30度に設定されたエアコンを見てか、

次の日から部屋がキンキンに冷えてることはなくなりました。


ありがたやありがたや。



さぁ、そして震えがおさまったところで、お待ちかねの昼食へ。

Img_9040


この日はフィッシュカレー。


冷え切った体に辛いカレーはありがたい。


あったかいスープも身にしみる~。

(常夏の国に来てるとは思えない感想)


ちょっと疲れてぐったりしてたけど、オカムラさんは相変わらずハイテンションで、

「元気デスカ?私ハ元気ムキムキモリモリね!!!!」って。


本当にこの人おもしれぇヽ(´▽`)/


昼食のあとは部屋で昼寝したり、また海に潜ったりして過ごしました。

Img_9047

夕方くらいになると天候も安定してきたので、ビーチでまったりと。

Img_9062


何もしない幸せヽ(´▽`)/

Img_9052

陽が落ちてあたりが暗くなるまでビーチで黄昏てました。笑

Img_9076_2


晩御飯はまた安定のカレーとサン・ミゲルのビールをいただいて、

ビヤドゥ2日目も終了。


この日もウミガメやマンタには出会えなかったけど、

3日目、ついに何かが起きる!!!!



つづく

| | コメント (0)

2013年11月10日 (日)

正倉院展行ってきました。

昨日は会社の運動会。


毎年運動会の後は、友達以上恋人くらいなんじゃないかと噂されるくらい

仲の良い同期の男と難波で買い物デート(笑)&飲みに行くってのが

定番コースだったのですが、そいつが今年は運動会不参加だったので、

今年は運動会のあと相方と合流して奈良へ。


中学時代の友人が正倉院展のチケットをくれたので、(ありがたや…

行ってみることにしたのでした。


奈良はやはり落ち着きますな~。

009


京都とはまた違う古都の魅力がありますね。


奈良国立博物館に着いたのは17時すぎで、

いくら混雑するからと言っても、さすがにこの時間は空いてるだろうと思ったけど、

大間違いでした。

014


まだまだ長蛇の列!!!!


チケット持ってたから並ばずに入れて本当にラッキー!!


今回の目玉は「漆金薄絵盤」。

651

正倉院の中でも最も美しい宝物のひとつと言われ、23年ぶりの公開だそうです。


目玉だけあって最前列で鑑賞するにはなんと30分待ち!


さすがに30分は待てないと思って、

2列目から鑑賞したのですが、十分鑑賞できました。


花びら一枚一枚に鳥や花などが描かれ、とてもきれいでした。


他にも1千年以上前のお宝がたくさん展示されていて、

歴史の息吹を感じずにはいられませんでした。



正倉院展のあとは奈良国立博物館周辺の建もの探訪。


まずは奈良国立博物館本館。

024


明治時代の宮廷建築家・片山東熊の設計(1894年)。


古都奈良に西洋建築を建てちゃったってことで、

当時はいろいろ批判されたようです。


いまではちゃんと奈良に馴染んでます。


奈良国立博物館の裏手に行くと仏教美術資料研究センターがあります。

026

これは関野貞の設計(1902年)。


こちらは古都奈良に合わせて和洋折衷のデザインなんですが、

これがなんともモダンな建物で美しい建物でした。


あぁ、なんで今まで知らなかったんだろう…昼間にまた来よう。



そのあと晩御飯を食べるべく、もちいどの商店街を歩いてたら、

なんとせんとくんに遭遇!!!!

032


安定のゆるさですね、せんとくん。


しかし、せんとくんは商店街の真ん中で一体何してたんだろう…。

| | コメント (0)

2013年11月 3日 (日)

モルディブ旅行記(3)~ビヤドゥ1日目(後編)~

10月14日。


ビヤドゥは1周歩いて約15分の小さな島。


島にあるのは宿泊棟、レストラン、小さなお土産屋、バーぐらいなため

やることと言えば、泳ぐか、食べるか、寝るかくらいしかありません。


そんなわけで滞在中は毎日泳いでました。



ガチの競泳用水着で!!笑

049_2

ビーチにいたイギリス人と思われるおばあちゃんがこの格好を見て、

「Good!」と笑いながら言いました。。。笑

P1000090


シュノーケリングセットを借りてさっそく海の中へゴーゴゴー。

P1000126


海の中は予想以上のお魚天国で。

P1000120

水族館でしか見たことない魚がうじゃうじゃ泳いでました。

P1000232

竜宮城かと思うくらいカラフルな魚がたくさん!

P1000216

ビーチから数十メートル泳ぐと海底に崖が現れ、

水深1mほどだったのが急に底が見えなくなるほど深くなります。

(ここのことをドロップオフというらしい)


ビーチから海を見たときに色の薄い部分と濃い部分が

はっきりしているのはこのためなんですね~。

P1000367


ドロップオフまで行くとなんせ海底は見えないので、

若干怖さはあるけど、お魚が浅瀬以上にうじゃうじゃいました。

P1000212

魚を追いかけたり観察したりするのが楽しくて、

それに久々に泳ぐのが楽しくてガンガン泳いでしまい、

午前中にすでにぐったりと疲れてしまった。。。


お昼ご飯を食べて、部屋で昼寝して、午後からもうひと泳ぎしたけど、

すぐに疲れてしまい、ビーチで昼寝。

Img_8969

ハワイじゃないけど、iPodに入れてたハワイアンな音楽を聴きながらの昼寝最高!


しかし、このあと急に雲行きが怪しくなり、快晴から急に豪雨に…!!


急いで部屋に戻りました。


モルディブは雨季真っ只中だったので、1日に数回スコールに見舞われました。。。


まぁ、数十分したら止むんだけどね。


雨が止むと虹が出ていました。

Img_8972

それからしばらくだらだら過ごし晩御飯。


ビヤドゥは3食ともビュッフェ形式ですが、昼と夜のメインはカレー。


そんなわけで滞在中は1日2回カレー食べてました。


かつてないほどのカレー道場っぷり!


カレーを避けて通れなくはないのですが、

米好きの日本人としてはやはり米を食べたいわけですよ。

Img_8975


カレーも毎食種類も変わって飽きない工夫はされてたんですが、

さすがに毎日カレーだと飽きました。笑


他にもおかずやパン、サラダ、デザートの種類が豊富なので、

そちらは毎日楽しみでした。


ビールはちなみにサン・ミゲル。

061

食事のあとは部屋に戻り、即就寝。


よくこんなにも寝れるなってくらい滞在中は寝ました。笑


ヨーロッパに旅行するときは夜中や早朝の街を楽しみたいため、

4、5時間しか寝ないのですが、モルディブではたぶん1日10時間は寝てた。。。


でも、何もしないというのもとても贅沢で幸せな時間なんだと初めて知りました。


モルディブへ来て、旅の価値観が若干変わったかも。。。



つづく

| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »