« 瀬戸内・直島アートの旅(3)~草間彌生「南瓜」編~ | トップページ | モルディブへ行ってきます。 »

2013年10月12日 (土)

瀬戸内・直島アートの旅(4)~本村地区編~

本村地区は直島の中心地。


この本村地区では空家となった古い古民家に

現代アートを展示する「家プロジェクト」が行われており、

7ヶ所が公開されています。


この中でも安藤忠雄の建物(こちらは新築)に、

ジェームズ・タレルの作品は設置した「南寺」に行ってみたかったけど、

なんとまさかの3時間待ち(^-^;


あと2時間ほどで直島を発つ予定だったので、仕方なく断念。。。



しかーし!!本村地区にはANDO MUSEUMがあるのです!!


気持ちを切り替えて最近オープンしたばかりのANDO MUSEUMへと向かいます。


もし将来、安藤忠雄の作品などを紹介する美術館ができるとしたら、

外観は当然のごとくコンクリート打ち放しの建物なんだろうな~と思ってたけど、

ANDO MUSEUMは一見すると安藤らしくない古い古民家です。

053

壁もまったく安藤らしくない。笑

056

しかし、建物内部は打ち放しのコンクリートとうまく自然光を取り入れた

安藤ワールドが広がっていました。


ANDO MUSEUMには安藤忠雄の直島での活動や直島の歴史を紹介した

写真やスケッチ、模型が展示されていました。


規模はとても小さいのですが、光と建築が見事に融合しており、

安藤忠雄らしい建築でした。



そのあとは少し歩いて護王神社へ。

062_2


NHKの日曜美術館で中谷美紀さんが紹介してて、

一度は行ってみたいと思ってたんです。

(中谷美紀好きっていう要因が大きいが。笑)


光学ガラスでできた透明な階段がとてもきれい。

065_2


この透明な階段は地下の石室まで続いています。


石室には懐中電灯を持って入ることができ、

暗闇の中、妖しく光る階段がとても神秘的でした。


護王神社を見学したあとは宮浦港へ向かい、

14時20分発のフェリーに乗って直島を後にしました。


直島を旅したのは実質4、5時間だけの短い旅でしたが、

行ってみて本当に良かった。


直島は期待以上でした。


『人間失格』の主人公級に荒みきっていた気持ちが、

少しは穏やかさを取り戻せました。笑


次は一泊二日くらいで旅したいですな~。

|

« 瀬戸内・直島アートの旅(3)~草間彌生「南瓜」編~ | トップページ | モルディブへ行ってきます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 瀬戸内・直島アートの旅(3)~草間彌生「南瓜」編~ | トップページ | モルディブへ行ってきます。 »