« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月28日 (土)

瀬戸内・直島アートの旅(2)~地中美術館編~

直島を訪れてみたかった最大の理由は地中美術館でした。


もはや98%の地中美術館と、2%の草間彌生というくらいです。笑

021

地中美術館はその名の通り地中にある美術館。


これは安藤忠雄が島の景観に配慮してデザインしたためであり、

外からは建物のボリュームを感じることはありません。

Page_photo1

(写真は地中美術館HPより)



この安藤忠雄の作品の中にモネ、ジェームズ・タレル、

ウォルター・デ・マリアの作品が展示されています。


作者ごとに別れた部屋には人数制限が設けられており、

待ち時間はあるけど、少人数でゆっくりと作品を鑑賞することができます。



まず最初はモネ。


地上からの自然光のみが入り込む真っ白な部屋の中に

5点のモネの作品が展示されています。


モネの作品自体は大山崎山荘美術館で見た作品の方が良かったけど、

展示室とモネの作品の相性が非常に良く、

モネのために作られた部屋だということがよく分かりました。



続いて見たのがジェームズ・タレルの作品。


ジェームズ・タレルという作家は失礼ながら全く知りませんでしたが、

光と空間を題材にした作品を制作しており、国際的に有名らしい…!


彼の作品は3つ展示されていましたが、

「オープン・フィールド」という作品が一番良かったです。


一見すると壁にただ青いスクリーンが映し出されただけなんですが、

なんとこのスクリーンは壁の開口部で、中に入っていけるのです!

(言ってることがよく分からないかもしれないけど…)


最初は本当にただ壁に青いスクリーンが映し出されているだけの

つまらない作品だと思っていたので、中に入れることにとても驚きました。


青い光の中に入っていくと、そこはまるで無限に続く空間で、

どこに壁があるのかも分からない宇宙のような不思議な空間でした。



そして最後にウォルター・デ・マリアの作品を鑑賞。


実は地中美術館を訪れた最大の目的は

彼の作品「タイム/タイムレス/ノー・タイム」を見るため。

Page_photo2

(写真は地中美術館のHPより)


階段の上に置かれた花崗岩の球体。

壁に並ぶ金色の柱。

天から差し込む光によって表情を変える作品。


ずっとこの作品を見てみたかったのですが、

生で見た感動は想像以上のものでした!!


安藤忠雄が作った空間と見事にマッチしていて、

建築の力でここまで芸術の魅力を引き出せるのかと驚嘆しました。


芸術作品にも感動したことあるし、建築に感動したこともあるけど、

地中美術館で感じたのは芸術と建築が見事に融合して

ひとつの作品に昇華した感動でした。


また地中美術館には絶対に訪れたいです!!

| | コメント (0)

2013年9月27日 (金)

瀬戸内・直島アートの旅(1)~思いがけない旅編~

8時12分、高松港発のフェリーに乗って直島へと向かいました。

011

穏やかな瀬戸内海がとてもきれいでした。

015

海は広いな~、大きいな~。


海を眺めていると自分の悩みや不安なんてちっぽけなもんだな~

と思い知らされ、なんだかどうでもよくなってきます。


近所に海がほしい。笑




直島はいつか行ってみたいと思ってた場所だったのですが、

あまりにも突然行くことになってしまい、一眼レフなし、あるのはiPhoneのみ。



予備知識も安藤忠雄の建築群があるのと、草間彌生の南瓜くらい。。。





しかも、諸事情により服装はスーツ。。。という少し残念な旅となってしまいました。



高松港を出港してから約50分で直島の宮浦港に到着。



フェリーから見えた直島は「本当にアートの島なのか?」と思うほど、

なんの変哲もない、木々と小さな集落しか見えない島だったけど、

宮浦港に着くといきなり草間彌生の「赤かぼちゃ」が出迎えてくれます。

070

直島キターーーーー!!!!




そしてそのすぐ側にはSANAAによる「海の駅なおしま」があります。

080

SANAAというのは妹島和世と西沢立衛の建築家ユニットで、

今、世界で最も注目されている建築事務所のひとつです。


直島に降り立った瞬間から草間彌生とSANAAの作品に出迎えられ、

もはやすごい気しかしない直島。


ゆっくり見たかったけど、ちょうど地中美術館行きのバスが出発寸前だったので、

バスに飛び乗り、地中美術館へ。



つづく

| | コメント (0)

2013年9月21日 (土)

四十九日

三連休の初日。


少し早いですが、愛媛にて母の四十九日の法要を行いました。


とても良く晴れた日で、真っ青な青空を見ていると、

母の葬式を行った暑い夏の日の空を思い出します。


母が亡くなってから、折れそうな心を何度も立て直してきたけど、

やはり節目になると気分が落ち込んでしまいますね。



でも、いつもは居るか居ないか分からないんだけど、

四十九日の法要の日は、なんだか母が近くにいる気がして、

悲しい反面、ちょっとだけ心がぽかぽかしました。


本当の四十九日は明日。


いつまでも近くに居てほしいけど、

ちゃんとあっちに行って仏様になってね!

| | コメント (0)

2013年9月16日 (月)

Canon EOS kiss X3

005


修理に出してた一眼レフがようやく戻ってきたぞう!!



2ヶ月前に嵐山で豪雨に打たれたせいか、

オートフォーカスの調子が悪くなって、

ピントが合いにくくなってたんですよ。


学生時代から使ってるCanonのEOS kiss X3という

もはや年代物のカメラですが、まだ買い換えたくなかったので、

修理に出してみたんです。


そしたら動きもばっちり、しかもきれいに掃除されて、

新品みたいになって戻ってきました◎


修理代も9千円ほどで思ってたよりも安かった。


ありがとうCanonさん!!


これからも大切に使っていきますshine

| | コメント (0)

2013年9月15日 (日)

約100人のブックカバー展

昨日は梅田LOFTで開催中の「約100人のブックカバー展」に行ってきました。

020


イラストレーターやデザイナーから一般の方まで約100人が、

「こんな本屋さんがあったらいいなぁ」と考えた

「架空の本屋さんの、架空のブックカバー」の展覧会。


気に入ったブックカバーはその場で購入もできます。


約100種類のブックカバーはそれぞれ個性的で、すごく楽しめます。


実はこの展覧会に相方がデザインした文鳥ブックカバーも出品されているので、

みなさん是非梅田LOFTにお越しの際は見てやってくださいね!!!!

019

「約100人のブックカバー展」

日時:2013年9月13日(金)~10月8日(火)

    午前10時30分~午後9時(最終日午後5時まで)

場所:梅田LOFT 7階 ロフトフォーラム

住所:〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町16-7 

電話:06-6359-0111(代表)



***************


ブックカバー展のあとは久しぶりに梅田をぶらぶら歩きました。


以前は毎週のように買い物に来てたのに、

最近は人ごみがやたらと疲れるようになってしまったので、(歳か?)

なんやかんやで2ヶ月ぶりくらいではなかろうか。。。



半沢直樹の「倍返し饅頭」がほしくてMBS行ったけど、やはり売り切れでした。笑


それにしても面白いですね、半沢直樹。


最初はサザエさん症候群真っ只中の日曜21時から、

銀行員のドラマなんて絶対見たくないと思っていたのですが、

見てみるととても面白く、もはや月曜から一週間働く活力となってます。笑


銀行員の僕から見ても、すごくリアルなあるある話ばかりで、

銀行のことよく分かってるな~と感心します。笑



それにドラマの前半は大阪が舞台だったというのが嬉しかったです◎


東京中央銀行大阪西支店(笑)

Img_6096

話を戻してっと。


久々にルクアやグランフロントへも足を運びました。

021


もうそろそろ秋に匂いがしてきたので、

秋服や冬服を調達しないといけないのですが、

なかなか気に入ったのがなくて困ってます。


毎年秋服と冬服がなくって困ってるような(^-^;


今年こそは脱一張羅するぞ!!笑

023

| | コメント (0)

2013年9月14日 (土)

サヴォア邸 Villa Savoye

20世紀を代表する建築家の一人、ル・コルビュジエ。


コルビュジエの代表作であるサヴォア邸は

完成から80年ほどたった現在でも

まったく古さを感じさせない洗練されたデザインで

住宅建築の最高傑作の一つと言われています。

Cimg5800

サヴォア邸が完成した1930年代といえば、

日本では日中戦争が起きたくらいの時代だから、

当時としてはかなり前衛的な建物だったはず。


僕も実際に訪れたときに一番驚いたのは

サヴォア邸が80年も前に建てらてたということでした。

(詳しくは旅行記に書いてます。)



そんなサヴォア邸が好きでいつか模型を作ってみたいと思いつつ、

建築模型を作る技術のない僕には難しく、

プラモデルとかないかな~とネットで探してみるも見つからず。。。



しかーし!!




なんとレゴの建築シリーズというものにサヴォア邸があるのを知りました!!

でも、なかなか高い値段だしどうしよう。。。とずっと悩んでいるうちに、

生産が中止されたのか定価8,400円のものが急に価格が高騰しだして。。。



これじゃあ、とても買えん\(^o^)/



と諦めていたのですが、しばらくすると価格が定価に戻ったので、

このタイミングを逃すまいと思い切って買いました!!

008

箱を開けてみると絶望的なくらいの量のブロックが入ってて、

「これは組み立てるの大変だ。。。」とは思ったけど、

やはりなかなか大変な作業でした。笑

009_2

疲労のピークである金曜日の晩に

華金によるテンションの高さだけを頼りに作り始めて、

夜中の2時までかかってようやく完成!!

014

途中からは眠気との戦いでしたが、

名建築を作り上げた(レゴだけど)達成感はひとしおです。


それにレゴでここまで再現できるというのは驚きでした!


久々に良い買い物をしました^^

| | コメント (0)

2013年9月 1日 (日)

空港にて

先月、鹿児島から来ていたばあちゃんたちの見送りのため、

関西国際空港へ行ってきました。

Cimg5220

Peachを利用するとのことだったので、LCC専用の第二ターミナルへ。


この日、初めて関空の第二ターミナルの存在を知ったのですが、

第二ターミナルへ行くには空港内を10分ほど歩いてバス乗り場まで行き、

そこからさらにバスで10分。。。


結構遠かったです。



時間にはかなり余裕を持って行ったので、1時間半ほどベンチに座って待機。


母の姉にあたるおばちゃんとずっと話し込んでました。


おばちゃんはいつも賑やかで楽しい人なんですが、

実はその裏でたくさん苦労もしてて、

他人への気遣いもすごい人なんだと恥ずかしながら初めて知りました。


これまであまり会う機会がなかったおばちゃんと、ぐっと距離が縮まった感じです。


本当におばちゃんには今回お世話になりました。


ありがとう。



無事、ばあちゃんたちを見送ったあとは、関空内をひとりぶらぶら。


旅行に行くわけでもないのに空港来るの切なすぎる\(^o^)/


出発案内の掲示板に踊るローマ、パリ、ニューヨークなどの文字を見て、

猛烈に旅行に行きたくなったのは言うまでもありません。泣




そんな自分を慰めるべく、飛行機のおもちゃを買いました。笑

010_3

ずっと前からほしかったんで嬉しい!!


せっかくなので思い切ってAIRFRANCEとAlitalia買ってやったぜ!!



しかし、毎日飛行機見てたら、余計に旅行熱が出てしまいました。。。


10月に9連休を取ったので、また旅行にでもいこうかなと思います。


ただ仕事の方がかつてないほど忙しいので、

予定通りに休みが取れるのか心配。。。


この1ヶ月は死ぬ気で仕事して、予定通り休みを取ってやる!!!!

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »