« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月29日 (水)

寺町京極商店街

最近めっきり足が遠のいてしまった京都。。。


相方と付き合ってた頃は京都に出掛けることが多かったのですが、

結婚してからは近場の大阪で済ましてしまいがちに。。。



せいぜい月に一回程度は京都へ行って、

京都エキスを注入せねば、なんか心が荒んでしまいそうだ。。。



ま、そんなわけで枯渇した京都エキスを注入すべく久しぶりに京都へ。

(実は他にも重要なミッションがあったんだけど…)



スーパー久しぶりに寺町京極商店街を歩きました。

Img_6833

ここ歩くの1年以上ぶりかもしれない。。。


学生向けのお店が多いことも手伝って、

懐かしさを感じるほど久々に歩きましたよ。


学生時代はしょっちゅう来てたのにな~。


買い物はあまりしないけど、寺町京極商店街は好きです◎



この商店街を通り抜けてスマート珈琲店へ。


ここも大好きなカフェのひとつなんですが、2年半ぶりの訪問となってしまいました。

前回訪れたときの日記では、

「月に一回くらいは行きたいですね☆」って書いてるのに、

2年半ぶりですみません。。。


実は何度かコーヒーを飲もうと店の前までは来たのですが、

人気喫茶店なので、いつもすごい行列が。。。



この日もいつも通り行列ができていましたが、

「今日は絶対スマート珈琲!」と決めていたので、並んで待つことに。


この日は初めてランチをいただきました。

Img_6839_2

コーヒーもセットで1,050円。


この値段で超うまい!お得です!


そして食後はコーヒーとフレンチトースト。

Img_6842

昔ながらの喫茶店といった雰囲気の中で飲む苦味の少ないコーヒー。


落ち着くなぁ。



そういえば3年前に来たときは相方と、

「ギリシャ行きたいですな~」とか話してたことをふと思い出して、

「ホンマに行ってしまったな~」っという話をしたりしました。


いやはや懐かしい。

(どうでもいい情報)


この日はスマート珈琲店のコーヒー豆も買ってしまいました~。


まぁ、スマート珈琲店の味は僕には出せないでしょうが。。。笑



いつまでも大切にしたいお店であります。


<お店情報>

店名:スマート珈琲店

所在地:京都市中京区寺町通三条上ル

アクセス:京都市営地下鉄「京都市役所駅」徒歩約5分

TEL:075-231-6547

営業時間:8:00~19:00(ランチタイム11:00~14:30)

定休日:喫茶は無休。ランチのみ火曜日定休。

| | コメント (0)

2013年5月28日 (火)

かばんの話

005_3

長年使い続けたPORTERのかばん。

(右のやつね)


学生時代、スーツを着ないといけないバイト(塾講師)やってたから、

スーツに似合うかばんを…ってことで大学1年のときに適当に買いました。


かれこれ7年も前のことです。


これで就活も乗り切り、社会人になってからも通勤用に使っていたのですが、

ファスナーのつまむところが折れてしまい、もっすごい開けにくくなっちゃって…。


しばらく我慢して使ってたけど、

Paul Smithで気に入ったかばんを見つけたので、そちらに乗り換えることに。

(左のやつね)


そんで半年くらいPaul Smithのかばんを通勤に使ってたけど、

なんとなく最近PORTERのかばんが恋しくなってしまい、

使いにくいけど、ここ2,3日またPORTERのかばん使ってます◎


Paul Smithのかばんも良いけど、PORTERの方が使いやすいです。


PORTERのかばんもファスナー以外は特に問題ないので、

修理に出そうかなって思います。


やはり靴でも服でもかばんでも気に入ったものは長く使いたいですね。



…っていう何のオチもない日記です。笑

| | コメント (0)

2013年5月26日 (日)

石村由起子とその仲間たちの暮らしの提案

現在、阪急うめだ本店9階で行われている

「石村由起子とその仲間たちの暮らしの提案」に行ってきました!

Img_6907

奈良のカフェ「くるみの木」のオーナー、石村由起子さんが選んだ

ショップ、デザイナーが集まって開催された展示販売会です。


相方が行きたいっていうから、なんとなくついて行ってみれば、

なんと僕が好きな「graf」や「D&DEPARTMENT」なども参加されていて

もう一石二鳥というか三鳥というか、デザイン界の紅白歌合戦というか、

豪華共演すぎて、たまりませんでした!!!!(鼻息ムフー


でも、それらのお店では結局何も買わず、

奈良で有名らしい空気ケーキを買ってみました。

Img_6911

「なるほど!空気だ!」ってくらいふわふわでおいしかったです◎


ここで紹介した以外にも良いお店がたくさん参加してて、本当に楽しかった!



しかし、残念ながら明日の18時で終了…。



興味のある方は、明日は仕事を定時で切り上げて行きましょう!



それから阪急のBIRKENSTOCKでサンダル買いました。

038


アドリアっていう名前らしい。


ビルケンの靴って地名や国名に由来する名前がつけられてるんですね~。


調べてみると、これには創業者の

「年齢や性別、人種や国境を越えてすべての人々に健康を」

という思いがこめられているようです。


86へぇ~。(ネタが古い



とりあえずここ2年ほどは履き心地が悪くて、

歩くには向いていないサンダルを履いていたので、

今年の夏はこれで快適に過ごせそうですsun

| | コメント (0)

2013年5月25日 (土)

GRAND FRONT OSAKA 北館の巻

グランフロント大阪の北館へ潜入してきました!

Img_6773

先日行ったのは南館なんですが、

そのときは時間がなくて北館に行けなかったんですよ。


南館は服屋さんがメインで若者が多かったけど、

北館の方は家具や生活用品店などが多く、ファミリー向けな感じです。

Img_6783


まずは西日本最大らしい無印良品へ。


ここの無印はなぜだかイームズのチェアまで売ってたり、

建築やアート関連の本も充実してたりで、めっちゃ楽しい!


商品の並べ方や店の雰囲気も他の無印とは違って、とてもおしゃれな感じでした。


Img_6777


お昼はそのままCafe & Meal MUJIへ。


4種類のおかずを選べるやつを注文。

Img_6774

量が少ないかな~と思ったんですが、案外お腹いっぱいになりました。


おいしかったしね◎


ただ大阪のカフェはやはり席と席の間隔が狭いのがネック。。。


隣の人たちの会話がじゃんじゃん入ってきます。


でも、この日は横のカッポーの会話が面白すぎました。笑


どうやらもうすぐ一緒に住み始めるらしく、

大阪で家具や家電を見て回っているらしいのですが。。。


女「ねぇ、○○くんって食器とか持ってるの?」

男「え~っと。。。醤油皿ぐらいしか。。。」



あんまり使えねぇ\(^o^)/



女「テーブルとかどうしよっか?」

男「しばらくはダンボー…」

女「無理!」

男「…ールで、とか無理ですよね。。。」



これは尻に敷かれるな、と思いました。笑



そういえば自分たちも家具とか家電見に毎週出かけてたな~としみじみ。


もう家具とか家電見たくないって思ってたけど、

今となっては良い思い出です(◎´∀`)ノ


どうかお幸せに~。



そのあとは積水ハウスの住ムフムラボを覗いてみたり、

ボルタリングを楽しめるグラビティリサーチを覗いてみたりしました。

(ボルタリングやってみたい。。。)


グランフロント大阪は買い物だけでなく、文化的にも楽しめて、

じっくり見ていったら、何日あっても足りないかも!


大阪ステーションシティ、グランフロント大阪…と年々梅田が面白くなってます。



これからも大阪がどう変わっていくか楽しみ!




あ、そういえばちょっと屋外広場へも行ってみました。


大阪の景色を眺めてたら、

相方とほぼ同時に「あっ!」と叫んでしまいました。。。



なぜか遠くに「大泉洋」の看板が…!!!!

Img_6780_2_2

なぜ大泉洋!!!?ワッツ!!!?と大騒ぎしてたのですが、

カメラで撮影して拡大してみたら、大泉洋ではありませんでした。。。

Img_6780_2

大騒ぎしたのが恥ずかしすぎる(/ー\*)

| | コメント (0)

2013年5月18日 (土)

ガウディの伝言

先日、梅田をぶらぶらしてたら偶然見つけた本がすごく良かった!

003_3

外尾悦郎『ガウディの伝言』


こんなに面白くて一気に読み進めた本はいつぶりかな。。。


著者はサグラダ・ファミリアの主任彫刻家・外尾悦郎さん。



外尾さんは京都市立芸術大学の彫刻家を卒業後、

美術講師となりますが、石を彫りたいという欲動に駆られ、

3ヶ月間滞在する予定でヨーロッパへ渡ります。


最初に訪れたのはパリ。


しかし、パリには心に触れるものがなく、続いてスペインへ。


偶然、駅で待っていた列車がバルセロナ行き。


これがマドリッド行きだったら、

外尾さんの人生はまた違うものになっていたかもしれません。



こうして外尾さんはバルセロナでサグラダ・ファミリアに出会います。


それ以来、外尾さんはもう35年もサグラダ・ファミリアで石を掘り続けています。


そんな外尾さんがガウディに対する思いを綴った本書は、

他のガウディやサグラダ・ファミリアを解説した本とは一味も二味も違います。


設計図のないサグラダ・ファミリアを制作するには

「ガウディならどうしたか」を考えて考えて考え抜かなければなりません。


まさにサグラダ・ファミリアを作るということは

「ガウディの伝言」を読み解くことなんだと感じました。


もちろん本書ではサグラダ・ファミリアの制作の他にも

ガウディの人生、他の作品、時代背景等についても分かりやすく書かれており、

ガウディに興味がある方、これからバルセロナに行かれる方は必読です。



僕もバルセロナに行く前にこの本に出会いたかった!


次にバルセロナへ行くのが楽しみです◎

Img_1577

最後に気に入ったフレーズを一部抜粋。

・ある機能が必要になると分かったとき、それを付け加えるのではなく、デザイン的(あるいは構造的)に解決し、しかもそれが然るべき象徴の全体もしくは一部を構成するように考えている。ガウディの頭脳の中では、そういう問題の分け方自体がなく、最初からすべてを解決する形が直観的に思い浮かんでいたのかもしれません。


・「人間は何も創造しない。ただ発見するだけである。新しい作品のために自然の秩序を求める建築家は、神の創造に寄与する。故に独創とは、創造の起源に還ることである」


・ロザリオの間に限らず、ガウディがデザインした天使には基本的に羽がありません。これは、人間の心の中にいる天使が、ひょっとしたら悪魔に化けるかも知れないということを暗示しているのではないかと思います。正義感や優しさも、それを信じきったときに悪に堕することがある。そういう人間の性質をガウディは表現したかったのかも知れません。


・人間は常に完全に満たされないものとしてある。それでも謙虚に、豊かな実りを目指し、知恵を養っていく。時間を超え、空間を超え、多くの人が言の葉を交わしていく。それが文化であり、宗教であり、科学であり、人間にできることではないでしょうか。


・古き良き時代のカタルーニャ人たちは、人と違うのは良いことだと考える、奇妙だと思われることをむしろ誇りとするような気質を持っていました。それを濃縮させたような人物であるダリが、こんな言葉を残しています。

「私のことを話し続けてほしい。たとえそれが誉め言葉であっても!」


・「芸術とは何ですか?」という問いにプーチさんはさっとお答えになりました。

「芸術とは、人を幸せにするものだよ」


・人間の幸せとは何だろうと考えたときに、その一つには、どれだけ何かを愛し、その自分ではないもののために生きられているかということではないかと思います。また幸せというのは、現在どれだけのものを持っているかということより、未来にどれだけの希望を持っているかということにかかっているのではないでしょうか。


・1926年の6月7日、ガウディはミサに向かう前、職人たちに言いました。

「諸君、明日はもっと良いものをつくろう」

それがサグラダ・ファミリアに残した最後の言葉でした。


・人間がつくり得る最高のものとしてのサグラダ・ファミリアが、人々の目の前に現れる。それを夢見てつくり続けていくという人間の営み自体に、サグラダ・ファミリアの本当の価値があるのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2013年5月12日 (日)

iTohen

今日は保手濱拓さんの個展を見るため

相方に連れられ、久しぶりに中崎町のiTohenへ行きました。

Img_6766

保手濱さんは山口で活動されている美術家。


作品はわりと小さめですが、どれもあったかく色使いも良かった!


失礼ながら保手濱さんのことは何も知らないまま個展へ行ったのですが、

その内容が思いのほかよくて本当に行ってよかったです◎

(残念ながら個展は今日で終了でしたが…)


それからiTohenでミロコマチコさんの『ホロホロチョウのよる』を買いました。


ミロコさんと言えば先週の情熱大陸に出演されてましたね~。


3年ほど前に一度ミロコさんにお会いしたのですが、(このとき

もはや雲の上の存在です…!


また近々iTohenではミロコさんの個展を開催予定らしいので、必見ですぞ。

| | コメント (0)

2013年5月 5日 (日)

GRAND FRONT OSAKA

4月26日にオープンしたグランフロント大阪


早速行ってきたって人は周りに結構いたけど、

みんな口を揃えて「人が多すぎやった」っていうもんだから、

行くのは落ち着いてからにしようと思ってたけど、

やはり行ってみたい欲を抑えることができず行ってきました。

(ミーハーですみません。。。)

004

JR大阪駅の改札を出た瞬間からすごい人、人、人!!!!


しかし恐れていた入場制限などもなく、

想像していたほどは混雑していませんでした。

(それでもものすごい人やったけど)


グランフロント大阪に来た一番の理由は

安藤忠雄氏がデザイン監修した「うめきた広場」を見ること。

006

水が地下へと流れていきます。

009

水をうまく建物と融合させているあたり安藤先生らしいです。



このうめきた広場になぜだかモアイ像がいました。

005

このモアイ像は東日本大震災からの復興を願って、

チリのイースター島の方々が現地の石を使って作ったそうです。


9日まで展示された後、チリと交流のある宮城県南三陸町に寄贈されます。


1960年のチリ地震による津波で南三陸町で41人が犠牲になり、

被害を忘れないために1991年にチリからモアイ像が贈られたことから

交流が始まりました。


そのモアイ像が東日本大震災で倒壊したため、

イースター島の方々が寄贈を申し出たそうです。



うめきた広場を堪能したあとは、いよいよ店内へ。

011


相方は地下1階にあるSmithに大興奮。


オシャレな文房具屋さんです。


ずっと探してたものが売っていたようでよかったよかった◎

010_2


個人的にはIDEEの直営店ができたのがうれしいです。


結婚してからというもの、こういうとこに買い物に来ても、

興味をそそられるものが服から家具や生活雑貨になったあたり、

自分も所帯染みてきたな~としみじみしてしまいます。笑


IDEEで一目惚れしたブックスタンドがあったのですが、

なかなかいいお値段だったので買うかどうか悩んでいたら、

相方が誕生日プレゼントに買ってくれました。泣

(そういや5月1日で27歳になりました)



あざす!!

040

あまり時間がなかったので、かなり駆け足で回りましたが、

「世界のビール博物館」や「キルフェボン」等、気になるところはまだまだあるので、

また次回来るのが楽しみです!!

021

このあとは鶴橋まで行って会社の同期の中では

一番仲が良いこーへーちゃんと合流し、焼肉を食べました。


こーへーちゃんはたびたび僕のtwitterを勝手に乗っ取ったりして、

相方との会話を楽しんだりしてたのですが(笑)、

実は一度も相方と会ったことなくて。


一番仲の良い同期が会ったことないのはおかしい!

ってことで今回一席設けることにしたんです。


最初は3人で焼肉のつもりだったんですが、

急遽こーへーちゃんの彼女も加わることになり4人で焼肉!


僕もこーへーちゃんの彼女とは初対面です。


こーへーちゃんとうちの相方はさすが何度もtwitterで絡んでいたせいか

まったく初対面感がなかったです。笑


この2人も結婚の準備を着々と進めているらしく、

やはり友達としては嬉しい限りです◎


幸せになれよ~

| | コメント (0)

2013年5月 4日 (土)

橿原神宮

GW後半戦初日は奈良をぶらぶら。


ピザを食べに行った帰り道。


たまたま通った橿原神宮の森を見た相方が、

「なにこの森!?」と興奮しながら言うもんだから、

「橿原神宮の森やで。橿原神宮来たことあるやろ?」と言ったけど、

僕の勝手な思い込みだったらしく相方は橿原神宮へ行ったことがない様子。


そんなわけで急遽橿原神宮へ行くことに。



橿原神宮は初代天皇とされる神武天皇を祀るために

明治天皇が創建し、皇族もたびたび訪れる由緒ある神社なんですよ。


013

015

015_2


011


自然が豊かなのも橿原神宮の魅力。


深田池にはいろんな鳥が住んでいます。

008


そして恐ろしく広大な敷地の大半は森でとても癒されます。

017


020


019


この自然の豊かさに相方は相当感動したらしく、

「なんでもっと早く橿原神宮教えてくれんかったん」と怒られる始末。笑


確かに20年ほど奈良で過ごした僕にとって橿原神宮は

日常となってしまってたけど客観的に見たら、

自然豊かですごくいいとこかもな~と気付かされました。


奈良の魅力を再発見した1日でした!

| | コメント (0)

2013年5月 3日 (金)

南国・和歌山の旅~その2~

和歌山2日目は朝から海へ。

Img_6712


水が超きれい!!


やっぱ海っていいなぁ。。。


これまで海とは無縁の生活を送ってきたので、

一度は海辺の街に住んでみたいですな~。



ヘコんだときに一人で黄昏に来たい。笑

Img_6732

和歌山の海を堪能したあとは和歌山県立博物館と近代美術館へ。


と言っても、美術品を見るわけではなく建物探訪目的です。

Img_6743


博物館と近代美術館は隣接しているのですが、

どちらも故黒川紀章氏の設計です。


この黒川氏設計の建物も良かったんですが、

そこからどーんと見える和歌山城もよかったです◎

Img_6742

やっぱ城っていいなぁ。。。男のロマン。。。


和歌山城にも行きたかったけど、両親たちは前日に僕らと合流する前に

すでに城の観光を済ませてたのと、時間がないのとで諦めることに。。。


まぁ和歌山だったら、またすぐに来れるしね。。。


とりあえず大阪城にでも久々に行って、城見たい欲を落ち着かせますかね。。。



このあとは和歌山ラーメン食べて帰ったけど、

和歌山へはもう少し頻繁に行きたいですね。


あとまた家族みんなで旅行できるといいなぁ!

| | コメント (0)

2013年5月 2日 (木)

南国・和歌山の旅~その1~

今年のGW前半戦は両親と弟(次男)、相方とともに和歌山へ家族旅行へ行きました。


もうひとりの弟(三男)は最近買った自慢のルイガノに乗って、

四国一周するらしく、両親たちは弟を徳島行きのフェリーが出る和歌山まで

夜中の2時半に起きて送って行ったそうです。


僕らは朝もゆっくり起きて、電車で和歌山まで行き、

お昼前に両親たちと合流しました。


まずは和歌山マリーナシティ内にある黒潮市場でBBQ!

Img_6649


海の幸をたんまり堪能しました◎


なかなかこんだけ魚介類を楽しむ機会もないですからね~。


至福のひとときでした^^



BBQのあとは海辺を散歩。

Img_6646

神戸とか大阪の海はよく見るけど、なんか全然海って感じがしなくて。


和歌山の海に来ると「あ~海に来たな~きれいだな~」と感動します。

Img_6658


そのあとはまだ16時くらいでしたが、旅館へ行き、みんなで昼寝。


みんな2時半起きやもんね。。。


夕方くらいになると旅館周辺をぶらぶら散歩。


和歌山まで2時間ちょっとで来れるけど、

海辺の田舎町を歩いていると、とても遠くへ来たような感じがしました。


旅館の近くに古びた灯台があって、ここから夕日を眺めることに。

Img_6699

この灯台は実は名の知れた夕日スポットなのか、

夕日を見るための人で賑わっていました。

Img_6679_2

天気が良くて綺麗な夕日を眺めることができました◎

Img_6694_2

それにしても和歌山はいいとこだな~としみじみ。


2時間ほどで来れるのに、実際和歌山に旅行に行くのなんて、

数年に1度あるかどうかだったからもったいないな~と思いました。


これからもう少し頻繁に和歌山に行こう!

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »