« 読み継がれる本 | トップページ | そういえば今年は厄年 »

2009年12月20日 (日)

クリムト、シーレ ウィーン世紀末展

またまたご無沙汰してます、こんばんは~。


実はここ最近、資格の勉強以外にも僕を1ヶ月以上悩ませ続けていた

スーパーイベントが2つほどありまして、

その準備に忙しくブログの更新もあまりできなかったのですが、

なんとか無事に終わらせることができ、久々に自由な日々を送ってます。



ほんと久しぶりに心の平安が訪れたので、

ずっと行きたかった「クリムト、シーレ ウィーン世紀末展」に

行ってきました。(@サントリーミュージアム)



なんとなく空が憂いを帯びたブルー。

Img_1166


















そういや今年いっぱいでサントリーミュージアムは

無期限の休館になるんだな~。



最近よく行ってるお気に入りスポットだけに少しさびしい。。。







ささ、話を戻して。


クリムトといえば、『接吻』とか

96





































『ダナエ』が有名ですが、

Klimt_danae


























この美術展に出展されてたクリムトの絵はこれらの作品とは

全然雰囲気が違ってびっくりしました。


例えば、『寓話』とか。

B0178744_1359557
















そのことが気になってクリムトについて調べてみると、

クリムトの有名な作品のほとんどは「黄金の時代」に描かれたそうな。


「黄金の時代」とはクリムトが作品に金箔を多用した時代のこと。



そういえば僕の知ってるクリムトの作品は金色が目立つな~

といまさら気づきました。(おそい!)



琳派や浮世絵の影響を受けたんじゃないかと言われてるそうです。


『パラス・アテネ』

703c65ae





























続いて、エゴン・シーレについて少々。

Img_236287_60405214_0























実はシーレの作品はほとんど見たことがなかったのですが、

結構色遣いとか気に入りました^^


あとサインがかっこよくて気に入りました(笑)



いつもならもう少し作品を紹介するのですが、

実はこの日はサントリーミュージアムに向かう電車の中から

なぜかふらふらで、すぐに帰ったので、

あまり作品について覚えてないんです(ノω・、)



ふらふらになりながらも

とりあえず海遊館の横の観覧車だけ見学。

Img_1161



















このブログでは4,5回は出てきてるであろうこの観覧車。


でもまだ1回もこれには乗ったことないんです。(たぶん)


野宮さんではないけど、観覧車は見るのが好きです。

(どうでもいい情報)




んで、次の日。


前日から体調は悪かったわけですが、

やはり風邪をひいてしまってたようで熱が38℃ありました(;д;)



しかも症状から考えるとインフル!Σ( ゜Д゜)



おかんが

「車で病院連れてったろうか??」と言いましたが、


免許取ったばかりで運転したい盛りの僕は

「自分で運転していくわー」ってことで車で病院へ。



なんとか病院に着いたのですが、

なんとインフルの疑いがある場合は事前に診察のための

予約を入れなければならなかったため、診てもらえず。



ヽ(´▽`)/



熱が38℃くらいのときは普通にバイト行くのですが、

インフルの疑いがあるため、初めて旅行以外の理由で

バイトを休んでしまいました~。


そんなわけで仕方ないので、

家でロードオブザリング3部作を観たり、

(スペシャルエディションのため合計11時間!)


ひたすら寝たりしてたら、次の日にはなんと体温が…



35.7℃!!



いやいやいやいや\(^o^)/



さすがにびびって計りなおしたら36.0℃で安心したが。。。

(しかし平熱は36.7℃)




ま~インフルの場合はそんなに急に熱が下がるわけがないので

インフル疑惑は消えたわけですが、まだ心配だったので、

家で一日中だらだらしてました。



いまはなんとか元気100%アンパンマンです。



さーて、いろいろ拘束もなくなったので、

明日からまたがんばりますぞなー!

|

« 読み継がれる本 | トップページ | そういえば今年は厄年 »

コメント

その後、体調はいかがですか?
すぐに熱は下がったようですが、きっと疲れが溜まっていたんですよ。無理はされないよう気をつけてくださいねー!

クリムトの話を読みつつ思ったんですが、画家って時期によって全然違う絵のことが多いですよね。
しおさんみたいに、画家の一生とか、そういう歴史みたいなのを一緒に考えながら見るともっと美術館でも楽しめそうです。
とっても勉強になりました!!

投稿: とーこ | 2009年12月26日 (土) 22時56分

>>とーこさん

明けましておめでとうございます!そしてコメントへの返事が遅すぎてすいませんっ!
体調はその後万全です☆ありがとうございます!

そして美術に関するくだり。。。照れます(笑)僕はまだまだ未熟なんでこれからもっと勉強していきたいです!

投稿: しお | 2010年1月 5日 (火) 18時59分

観覧車の写真、素敵ですね。
空の色が違うと
外国の風景に見えます。

投稿: おはぎ | 2010年1月12日 (火) 19時02分

>>おはぎさん

お久しぶりです!コメントありがとうございます!
たしかに外国の写真のように見えますね!
国によってやはり空の色って微妙に違うのかな?
それとも勝手なイメージでしょうか?
この観覧車の空の色はフランスの田舎町の空の色に似てる気がします。

投稿: しお | 2010年1月13日 (水) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読み継がれる本 | トップページ | そういえば今年は厄年 »